前へ
次へ

転職で 営業求人に応募する 時の 雇用形態

営業職といえば成績に応じて給料が上下する歩合制をとる会社が多いです。
歩合制のいいところは頑張れば頑張るだけ給料が増えることでしょう。
逆に成績があまり良くないと給料も下がるので注意しなければいけません。
現在営業の仕事をしていてもっと給料が欲しいのであれば、転職をしてより給料がもらえる会社に行くと良いかもしれません。
営業求人を見ると給料の決まり方に関しても記載されていることがあるので、歩合制をとる会社を選ぶようにしましょう。
営業求人を見るときに注意したい点として雇用形態がどうなっているかがあります。
多くのケースにおいては正社員での募集になるでしょうが求人の中には正社員以外のものもあります。
正社員よりも給料の条件が良くなる雇用形態として契約社員あり、転職者の中には給料が多いことを理由に契約社員求人に応募する人もいます。
契約社員は社員とは別に個々に契約を結ぶことになるので、給料は多い時もありますが期間を定めた契約もあります。
安定を求めるのであれば正社員の求人に応募した方がいいでしょう。

Page Top